←前月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
次月→

<<次の記事 前の記事>>

GRANDma.p16 昨日すみこさんと幼稚園で遊んだ


「クッキーをやいたの。いらっしゃい。」
すみこさんと こどもたちが よんでくれた。




確かに・・・昨日幼稚園で、すみこさんは、たくさんの人形相手に お母さんごっこをしていた。
その時はけいこさんと同い年だった。でも 今日は少し違う。
何人もの子供たちの本物のお母さんだ。クッキーだって焼くことができる。
・・・もちろん、けいこさんは気にしない。
それにしても、こういうことは、よくあるのだろうか?








| 2014,06,20, Friday|
| おばあさんのアパート | 06:13 PM | comments (0) | trackback (0) |
by na-neko

GRANDma.p15アパートはジャックと豆の木状態!


絵をクリックすると大きくなります。


マメの木はどんどん成長します。・・・どこかで こんなお話・・・聞いたことのあるかもしれない。
それから、上の方から、きれいな歌声も聞こえてきます。

すみこさんがけいこさんを呼び止めます。「クッキーを焼いたから、よっていかない?」
もちろん、よっていきます。




| 2014,06,19, Thursday|
| おばあさんのアパート | 01:38 PM | comments (0) | trackback (0) |
by na-neko

GRANDma.p14けいこさんたちはシャボン玉をとばした

あかや きいろの はっぱが とてもきれいだから
ぼくたちは ちょっと きゅうけいした。



そして しゃぼんだまをとばした。
(ぼくは とばさなかった)


しゃぼんだまは まるで ゆめのようだ。




シャボン玉を飛ばしていたのは けいこさんたちでした。






| 2014,06,17, Tuesday|
| おばあさんのアパート | 04:46 PM | comments (0) | trackback (0) |
by na-neko

GRANDma.p13カアにならまかせることができます

おばあさんとなかよしの からすのカアがとんできた。
それで けいこさんは おばあさんに てがみをかくことにした。





けいこさんの おばあさんの なまえも
けいこというんだ。



カアはそのてがみをくわえて おばあさんのうちへと とんでいく。


カアになら まかせることが できる。


このへんになると、けいこさんだって、なにかがおかしい・・・と気づきます。建物が人間や植物のように大きくなるなんて少し変です。このまま進んで(のぼって)行って良いのでしょうか?おばあさんけいこに、手紙を書くことにしました。信頼のおける友であるカアはきっと返事を持ってきてくれるでしょう。
けいこさんは、なぜ携帯電話を持っていないのでしょう?・・・お話はなんでも現代の事だと思い込むのはよしましょう。わたしだって、5歳の頃、携帯電話なんて持っていませんでした。











| 2014,06,15, Sunday|
| おばあさんのアパート | 02:41 PM | comments (0) | trackback (0) |
by na-neko

GRANDma.p12上の方で誰かがシャボン玉で遊んでる

絵をクリックすると大きくなります。





なぜか シャボン玉がゆっくりと飛んできます。きっと 誰かが上の階で シャボン玉で遊んでいるのでしょう。







同じ階の窓ですが、時間差で中の様子が違います。9ぺーじと12ページです。
                                12ページと15ページもあります。








| 2014,06,13, Friday|
| おばあさんのアパート | 10:37 AM | comments (0) | trackback (0) |
by na-neko

GRANDma p11豆の木はすごく早くおおきくなった

こうへいくんの おじいさんが 水をそそいでくれたので
マメはすぐに めをだして マメの木になった。


まめの木は ぼくたちが かいだんを のぼるより
ずっとはやく 大きくなった。


それから ぼくのきのせいかもしれないけれど・・・・
大きくなっているのは マメの木だけではないとおもう。




なあはなにか他のものも 大きくなっているのに気づきます。


一体、何のことだろう?

11ページの一部です。






| 2014,06,12, Thursday|
| おばあさんのアパート | 09:41 AM | comments (0) | trackback (0) |
by na-neko

GRANDma.p10切り紙が風にとばされた

こうへいくんの おかあさんが、
つめたいミルクをだしてくれた。
(けいこさんたちと こうへいくんには ジュース・・)
それをのんでから
みんなは きりがみをしてあそんだ。
(ぼくは、そとをみていた・・)



それから けいこさんは、
キャンディーととりかえたマメを
まどべのはちにうえた。




風のせいで 切り紙は、外にとばされてしまいます。
なぜか その切り紙が、7ページで飛んでいます。





| 2014,06,09, Monday|
| おばあさんのアパート | 07:06 PM | comments (0) | trackback (0) |
by na-neko

GRANDma p9猫屋敷がありました

絵をクリックすると大きくなります。大きくすると多分、猫屋敷がわかります。








| 2014,06,07, Saturday|
| おばあさんのアパート | 03:31 PM | comments (0) | trackback (0) |
by na-neko

GRAND.ma p8暑かったので水遊び


あつかったので プールであそんでいると
「ぼくんちに よっていかない?」
こうへいくんが、よんでくれた。


こうへいくんのうちって、ここだったけ?



こうへいくんのうちは、ここではないはずです。 「ポチのはなし」という絵本によれば、こうへいくんの家は、庭のある一軒家です。いろんなことが変なのに、けいこさんはあまり気にしません。


p9のごく一部です。

p8全体はこうなります。下








| 2014,06,05, Thursday|
| おばあさんのアパート | 09:08 PM | comments (0) | trackback (0) |
by na-neko

GRAND.ma p8けいこさんはきっぱりと断る

「かわいいねこだね。このマメと とりかえてくれないかな。
げんきいっぱいで すぐ大きくなるのだよ。」


「いいえだめです!」
けいこさんは、きっぱりと ことわる。

しらない人のマメと、ねこを とりかえたりしてはいけない。


「なあ(ぼくのこと)はだめですけど、
オレンジのキャンディーとならいいです。」

あれ?
しらない人ではなかったらしい。



大変 教育的な絵本です。小さな子どもは、知らない人と話したり、取引したりなど、すべきではありません。それに、素敵な猫と、元気で すぐ大きくなる豆とを交換するなんて良い取引とはいえません。
ただ、ご存じないかもしれませんが、この人は、けいこさんのうちの近くの時計屋さんで、こうへいくんのおじいさんでもあるのです。けいこさんは、時々、その時計屋さんのうちで楽しくすごします。 「わたなべさんちの時計たち」という絵本をみれば、彼が・・決して怪しい人ではないと、解っていただけるはずです。
・・・ただ残念ながら、その絵本はまだ完成していないのです。
      それはともかく・・・ けいこさんは、元気いっぱいの豆を手に入れました。



同じ場面・・・9ページの一部です。







| 2014,06,04, Wednesday|
| おばあさんのアパート | 04:06 PM | comments (0) | trackback (0) |
by na-neko