野原


まだ途中の絵です。
下絵に白と緑「テルベルト」だけをのせてここまで描きました。えらいですか?
・・・別にえらくありません。
わけのわからない絵ですみません。
そのうちわかっていただけるかもしれない・・・。
もしかしたら・・。
ポチっと大きくしてみてください。

風にとばされてしまうよ・・・なあは一生懸命だけど、けいこさんは気にしていない・・。

ふたつの絵の共通点はなんでしょう?・・・ヒントはタイトルに・・。
「あしたあそびにいきます」・・・から・・です。でも、ほんとうは、ちょっと みのがしたところあり・・

ガラクタみたい・・ですけど


このガラクタのように見えるものは、わたしが「しまうまのまあ」のために描いたデッサンたちです。
もちろんこれで全部ではありません。ほかにもありますし、まだまだ必要です。
これに、色を塗ります。調整も必要かもしれません。
描きなおしもきっとあります。それを待っていてくれる友もいます。・・私の失敗作を りっぱな・・ほんとうにりっぱな額に入れてかざってくれます。
ありがたいことです。そうすると、私の絵もりっぱにみえます。
それにしても、なかなか出来あがらない、まあの絵本・・でした。
追伸
ポチっとしてみていただけたら…嬉しいのですが・・。

緑釉犬


緑釉犬?・・・えび新聞さんのブログを拝見しました。
東京国立博物館に、緑釉犬というものがあって、
このこに、よく似ていると 私は思うのですが・・・。
いかがなものでしょう。
後漢時代2,3世紀のものだとか・・・。
もしよかったら、えび新聞さんのブログをご覧になってたしかめてください。

しまうまの「まあ」をさがしてください


ぼく、足し算と引き算ならできる。
それだからいうのだけれど、あの魚まちがってるみたい。
気のせいかもしれないけど・
・・。
「ぽちがぼくんちの犬になったわけ」のなかのこうへいくんの言葉です。
さて、魚のなにが、間違っているのでしょう?
でも、それよりか、エキストラのまあをみつけてください。
こうへいくんが主人公の絵本の中に、まあは時々意味もなく出てきます。

しまうまの「まあ」をさがしてください


<
まあは、キャラメルの箱や、画用紙や、わりばしでできています。
こうへいくんが、作ったことになっています。
この絵は「ぽちが、ぼくんちの犬になったわけ」の一場面で、
まあが、主人公の話ではありません。
しかし、なぜか、まあが、エキストラとしてでてきます。
こうへいくんの夢の中では、まあも、命をもつことができます。
ポチっとしてくださいね。まあのところで、もうひとつ。
まあが、主人公のお話は、毎日一生懸命描いています。
・・・・うまくいかないこともあります。
自信のない時もあります・・・たいてい自信などないのですが…。
デグーもいます。かわいいですよ。