GRANDMA p25ぼくたちはうっとりしていた

あおいソファーも かべの絵も はなのにおいも
いつもとおなじ おばあさんのへやだ。
まどからみえるそとのけしきも
いつもとおなじ みなれたけしきに もどっていた。

けいこさんは ほんをひらいた。
としょかんから かりてきたほん・・・さっき こかげでよんだね。

ページをめくりながら
ぼくたちは
なんだか
うっとりしていた。

GRANDMA p24もうひとりのけいこさんは振り返った

そして ふりかえって にっこりわらった。
そのとき ぼくと けいこさんは、きがついたんだ。


もうひとりのけいこさんは おばあさんけいこ そのひとだった。
だいすきな おばあさん
ぼくたちは ずうっと いっしょだったんだね。

うっかり者のけいこさんや、なあは、気がついていなかったとしても、たいていの人は・・・・もうひとりのけいこさんが誰であるか・・・とっくに気が付いていたはずです。
私は、おばあさんけいこが、何歳なのか知りません。けれど、おばあさんけいこが、50年や60年小さなけいこより長く生きていたとしても・・・・それは、そんなに大きな差なのでしょうか?
切り紙が少し上手に作れたり、雪けいこを、すてきに制作できたりするのかもしれませんが、それもあまり大きな差ではありませんね。多分、漢字も書くことができたり、絵本もすらすらと読めるようになります・・・・とても素敵なことですが、やはり小さなことです。・・・・・それで、けいこさんなあも、気がつかなかったのですね。同じ時を夢中で一生懸命楽しくすごしたのですから。

GRANDMA p.23雲をぬけるとそこはおばあさんのうちだった

くもをぬけると そこは おばあさんのうちだった。

あ・・・・もうひとりのけいこさんは、ノックもしないで
ドアーをあけて・・・
はいっていった。
・・・そして・・・

GRANDMA p.22 …あの人はどうしてあんなに大きいのだろう

みあげてみると アパートのてっぺんは くものうえ。
「もうひといきね」
けいこさんはそういうけど・・・
・・・そうかなあ・・・ぼくは そうは おもえない。

さっきの人は ずっと ぼくたちのそばにいた。
きっと しんぱいなんだ。
あの人はどうして あんなに 大きいのだろう?

 

GRANDMA 雪けいこの制作・・「なあ」は作らなかった

ゆきだるまを つくったり(ぼくはつくらない)


ぼくたちは たいへんだったけど がんばったんだ。

GRANDMA 雪合戦・・・「なあ」はしなかったけど

ゆきのなか おばあさんのうちは まだまだらしい。

ゆきがっせんをしたり(ぼくはしない)・・・

 

GRANDma p20けいこさんは きっぱりと断った

「ぼくのポケットは あったかいよ。
おばあさんのうちまで ぼくが はこんであげよう。」
「いいえ けっこうです!」
けいこさんは きっぱりと ことわった。

しらないひとのポケットにはいって
はこんでもらったりしては いけない。

この辺で 注意深く 心配性な方は気がつくかもしれません・・・・階段に手すりとか 柵がないことに・・・。
1 手すりを描くことはとても大変なのです。
2 手すりを描くことによって 見えなくなってしまうものがでてくるでしょう。
3 それに これは現実にどこかで起きていることでしょうか?・・・そうではないと思いません?
現実ではないとしたら、不注意な子供が、雪とかで滑って落ちてしまうという事も・・・現実には起こらないのです。

GRANDma p,19あれは竪琴さんだよ

うつくしい声の やさしい音楽がきこえてくる。


「あれは たてごとさんだよ」
カアがおしえてくれた。

その うつくしい声は
ぼくたちを げんきづけてくれた。

GRANDma.美しい音楽がきこえる・・

いろいろなまど
いろいろなひとたち
いろいろなことをしているね